外資系企業の日本進出支援に特化した 日本語検索キーワード調査

月間検索回数、競合性、トレンドを数値化

日本語検索キーワード調査とは

日本語検索キーワード調査とは、日本市場で実際に使われているキーワードの月間検索回数を踏まえて、考えうるキーワードを洗い出すサービスです。

外資系企業が定める英語の優先キーワードと日本語のキーワードを比較し、日本語特有の漢字、カタカナ、アルファベットの組み合わせを考慮したうえで優先キーワードを提案します。

こんな課題を解決

社内に日本人スタッフがいない

当社は東京に本社を置き、SEO経験の豊富な日本人スタッフが緻密に調査します。

日本語の検索キーワードがわからない

SEO調査ツールだけでは抽出できないキーワードを日本人目線で提案します。

英語と日本語のキーワードの違いが知りたい

日本人のバイリンガルスタッフが本社のSEOチームにキーワードの違いを説明します。

Bloomstreetに依頼するメリット

英語を話せる日本人スタッフが対応します

SEOに精通した日本人スタッフが本社のグローバルSEOチームと定期的にオンライン会議の開催が可能です。

外資系企業が使うSEOツールを使用しています

海外ではポピュラーなAhrefs(エイチレフス)SEMRUSH(セムラッシュ)等のSEOツールを日常的に使っていますので本社と同じ指標でコミュニケーションが取れます。

キーワードの定期的なメンテナンスが可能です

年単位、半期、四半期単位で優先キーワード、準優先キーワードの見直しが可能です。

優先キーワードの例

日本語検索キーワード調査 優先キーワードの例

代替テキスト

“日本語キーワードの調査をするうえで一番大切なことは、貴社で提供している商品やサービスをよく理解することです。長期的なパートナーシップを構築することで、より精度の高いキーワードの立案が可能となります。”

高山 純一
CEO, Bloomstreet

よくあるご質問

日本で使われている検索エンジンは何ですか?

Googleが一番使われていますが、ポータルサイトとして人気が高いYahoo!も使われています。日本のエンタープライズではWindowsのシェアが高いため、デフォルトの検索エンジンとしてBingもよく使われていることは日本特有の現象です。

お問い合わせ