ブルームストリート株式会社

海外リスティング広告

海外リスティング広告サービスとは、貴社が想定している国々、想定していない国々からリスティング広告施策により見込み客を発掘するサービスです。

欧米、アジアの企業から、多岐に渡る検索キーワードを通してWebサイトへと誘導する、貴社事業拡大に向けた取り組みです。

対応言語

  • 英語
  • 欧州主要6言語 イタリア、フランス、ドイツ、ポルトガル、スペイン、ロシア
  • アジア主要7言語 中国、台湾、韓国、ベトナム、タイ、インドネシア

海外リスティング広告のメリット

海外リスティング広告 海外リスティング広告のメリット その1 サイト一枚で海外へアクセス出来る

サイト一枚で海外へアクセス出来る

海外リスティング広告のメリットは、必要最小限のリソースでスタート出来る点にあります。海外へアピールしたい商品、サービスを英語Webページに掲載します。海外のユーザーが情報を探しているタイミングでリスティング広告を提示することで、海外の見込み客と今日から出会えるスピード感が海外リスティング広告の魅力と言えるでしょう。

海外リスティング広告 海外リスティング広告のメリット その2 開拓したい国に絞って配信出来る

開拓したい国に絞って配信出来る

既に海外企業と販売代理店契約を締結し、自社で広告を出しにくい国・地域もあるでしょう。その場合は、リスティング広告の配信先から除外することも出来ます。通常のWebサイトは国・地域をしぼって公開するのは難しいですが、海外リスティング広告は配信地域や時間をコントロール出来る柔軟性の高さも導入の理由の1つです。

海外リスティング広告 海外リスティング広告のメリット その3 思わぬ国から問い合わせが生まれる

思わぬ国から問い合わせが生まれる

日本にいながら海外事情や海外のニーズを知るためには、自ら検索して調べる必要がありますが、それでは限界があります。海外リスティング広告で生まれる海外からの問い合わせは、御社独自の貴重な情報源となります。すぐに取引にならなくても、現地のニーズを知ることで将来の海外戦略を策定する際の材料となるでしょう。

海外リスティング広告サービス詳細

企業の課題

海外向けのリスティング広告に対応した代理店が見つからない

日本国内の多くの広告代理店は、海外向けのGoogle広告の運用業務を請け負っていません。英語が公用語の国際ビジネスでは、商品やサービスがどんなに優秀でも海外に情報を届けることが出来ません。

海外現地法人が既にある企業も、これからテストマーケティングを検討している企業にも、海外でどれだけの見込み客と知り合うことが出来るか、リスティング広告は最初のステップとして最適です。

取り組み

  1. 課題発見

    • 商品・サービスの理解
    • 事業内容の理解
    • 市場の動向調査
    • キーワードボリューム調査
    • 配信対象国の選定
    • ランディングページの分析
    • UI / UXの問題提起
    • KPI設定
  2. 企画

    • リスティング戦略策定
    • 施策スケジュール共有
  3. 実行

    • キーワード選定
    • 広告文の作成
    • 配信先の設定
    • コンバージョン設定
    • キーワードの入替
  4. 運用

    • 表示回数とリック数の計測
    • コンバージョンの定点観測
    • 競合他社の動向調査
    • 問い合わせ内容分析
    • Webサイト解析(四半期)

実績

問い合わせ獲得数

+2.1
対策前と対策後の比較

問い合わせ獲得コスト削減

+55%
対策前と対策後の比較

海外からの問い合わせ

+5カ国、⾔語
対策前と対策後の比較

ご注意

海外仕様のランディングページが成果を左右します
海外SEO対策や多言語Webサイト構築に比べると、時間とコストを大幅に節約出来るのが海外リスティング広告の特徴ですが、一枚の英語サイトが顧客の印象を決定します。日本語Webサイトをそのまま英語にした日本式のランディングページでは広告成果が見込めないため、海外の方から見ても違和感なく、信頼されるようなページを事前に準備することが必要不可欠です。
たくさんの問い合わせの選定もノウハウの1つになります
商圏が世界になり、英語が共通言語になると、問い合わせの数が想定以上に増えるケースがかあります。しかし、問い合わせ量の増加に伴い関係のない内容の引き合いも増えて来ます。最初はそれらの選定に時間がかかるかもしれませんが、慣れてくると瞬間的にさばけるようになりますので、海外リスティング広告で成果につなげる1つの過程とご認識ください。
海外リスティング広告がゴールではありません
リスティング広告をクリックしたがらないユーザーも一定数います。また、短期的な施策として海外リスティング広告を推奨しますが、中長期的には英語のWebサイトをしっかりと構築し、海外SEO対策を継続的に実施していくが海外Webマーケティングの王道と考えています。