ブルームストリート株式会社

日本向けウェブサイト制作&コンサルティング

日本向けウェブサイト制作&コンサルティングとは、外資系企業の日本市場向けWebサイトを構築し、日本企業に受け入れられるデザインで再構築するサービスです。
本施策により、SEO対策とリスティング広告の相乗効果が見込めます。

対応言語

  • 日本語

日本向けウェブサイト制作&コンサルティングのメリット

日本向けウェブサイト制作&コンサルティング 日本向けウェブサイト制作&コンサルティング対策のメリット その1 日本法人のプレゼンスを高める

日本法人のプレゼンスを高める

コロナ禍により、企業のウェブサイトの重要度が一層高まっています。営業活動がオンラインにシフトしている今は、全ての起点がウェブサイトに集約されてきています。外資系企業が日本進出するにあたり、顧客から信頼を得て、取引につながる最初の判断材料は日本語のウェブサイトの印象になります。

日本向けウェブサイト制作&コンサルティング 日本向けウェブサイト制作&コンサルティング対策のメリット その2 日本語検索に強くなる

日本語検索に強くなる

検索されているキーワードを参考にしながら、検索されやすいページのタイトルや見出し、文章を作成することで、検索エンジンだけでなく顧客にとっても読みやすいページへ高めることが出来ます。英語サイトを日本語サイトにする場合には、翻訳をした後に、さらにSEO対策向けにもう一度、日本語のライティングが必要になります。

日本向けウェブサイト制作&コンサルティング 日本向けウェブサイト制作&コンサルティング対策のメリット その3 日本向けのデザインで信頼を得る

日本向けのデザインで信頼を得る

日本企業が海外向けのサイトを構築する際に、言語部分だけを外国語に置き換え、効果が出ないウェブサイトになってしまう事があるように、外資系企業が日本向けのウェブサイトを公開する際にも同じ問題に直面します。弊社では海外のデザインと日本のデザインを理解したバイリンガルによる制作を行うため、言葉とデザインを日本仕様に調整します。

日本向けウェブサイト制作&コンサルティングサービス詳細

企業の課題

日本用に最適化されていないウェブサイトで違和感を与えている

日本に進出している外資系企業のWebサイトは、本社統括でデザインのレギュレーションが定められ、そのテンプレートに基づいて日本語Webサイトが制作されます。
翻訳とわかる文章や、フォントとビジュアルのバランスに違和感がある日本語Webサイトですと、国内の同業他社のWebサイトを比較した時にどうしても見劣りしてしまいます。

取り組み

  1. 課題の発見

    • 商品・サービスの理解
    • 事業構造の把握
    • 市場選定
    • UI / UXの問題提起
  2. 要件定義

    • Webサイト戦略策定
    • ゴール設定
    • コンテンツ企画
    • 仕様の決定
  3. 制作

    • ワイヤーフレーム策定
    • デザイン案提出
    • 実装
    • 納品
  4. 運用

    • 日本語SEO対策
    • 日本語リスティング広告
    • Google Analytics解析

ご注意

グローバルサイトには一定の制約がある
多国籍企業のウェブサイトは、各地域に展開しやすいようにグローバルテンプレートを作成し、日本向けにはその雛形に基づいて制作されているケースがあります。また本社のブランド規定も存在するため、日本向けのデザインには制約が存在します。
サーバーが海外にあり読み込みに時間がかかることがある
日本語ウェブサイトのサーバーが海外に存在する場合、日本での閲覧速度が遅い場合があります。ウェブページの閲覧速度が遅いことは、SEO対策にもマイナスですので、本社を巻き込んで解決する必要があります。
本社と時間をかけてコミュニケーションを取る必要がある
海外の方にとって日本の市場の特徴や課題を理解するのは難しいことです。日本での成果を出して、本社の信頼を得ながら、徐々に日本向けの施策へとシフトしていくことを推奨します。