ブルームストリート株式会社

日本語リスティング広告運用

日本語リスティング広告運用とは、商品やサービスに関わる様々な検索需要に対応し、日本語での検索エンジンの露出度を高めるサービスです。
デジタルマーケティング担当の日本人が不在の外資系企業でも、競合他社に勝る広告運用を実現します。

対応言語

  • 日本語

日本語リスティング広告運用のメリット

日本語リスティング広告運用 日本語リスティング広告運用のメリット その1 成果につながるキーワードを可視化

成果につながるキーワードを可視化

昨今のプライバシー保護の理由から、顧客が実際に検索しているキーワードが見えなくなってきています。Google広告は、実際に顧客が使っている単語や成果につながっているキーワードを見ることができるため、リスティング広告はもちろん、SEO対策を行うキーワード選定においても貴重な情報源を得ることが出来ます。

日本語リスティング広告運用 日本語リスティング広告運用のメリット その2 上位表示出来ないキーワード対策に

上位表示出来ないキーワード対策に

SEO対策の効果が出るまでの時間を稼ぐ目的や上位表示が難しい競争率の高いキーワードはリスティング広告を活用して、顧客との接点を確保することが可能です。SEO対策と比べてすぐに露出が出来ることや、期間限定のキャンペーンの実施、競合他社対策にも有効なマーケティング手法です。

日本語リスティング広告運用 日本語リスティング広告運用のメリット その3 検索していない人にも広告を提示

検索していない人にも広告を提示

自分が探しているものが決まっている人は検索行動をしますが、検索行動に至らない顧客も多く存在します。またニッチなサービスやそもそも言語化が難しい商品などは、ディスプレイ広告を使って広告を配信する方が有効な施策です。顧客の趣向、年齢、所在地を選んで配信が出来ることもリスティング広告の魅力です。

日本語リスティング広告運用サービス詳細

企業の課題

英語のリスティング広告で使っている単語を日本語に置き換えても効果が出ない

商品やサービスを検索するときに使用される単語や言い回しは、日々、変化しています。英語のリスティング広告で使っている検索単語を日本語に置き換えても、効果的な運用は見込めません。

日本語リスティング広告は、社内で必要な英語力に加え、デジタルマーケティングの経験と知識を必要とすることから日本語SEO対策と同様にエキスパートを採用するのは困難です。

取り組み

  1. 日本語Webサイトの点検

    • 商品・サービスの理解
    • 事業内容の理解
    • 市場の動向調査
    • キーワードボリューム調査
    • 配信対象国の選定
    • UI / UXの問題提起
    • KPI設定
  2. 企画

    • リスティング戦略策定
    • 施策スケジュール共有
  3. 実行

    • キーワード選定
    • 広告文の作成
    • 配信先の設定
    • コンバージョン設定
    • キーワードの入替
  4. 運用

    • 表示回数とリック数の計測
    • コンバージョンの定点観測
    • 競合他社の動向調査
    • 問い合わせ内容分析
    • Webサイト解析(四半期)

ご注意

ランディングページがリスティング広告の成果を左右する
リスティング広告は、大まかに言うとキーワードの選定、広告文、ランディングページの3つの要素によって構成されます。外資系企業の日本法人がリスティング広告を行う場合、ランディンページの質で競合他社と見劣りしてしまうケースがあります。キーワードや広告文の改善を繰り返してもなかなか成果が見込めない場合は、日本向けのランディングページを構築することで成果につながることがあります。
顧客に促す行動(広告のゴール)を定義する必要がある
検索からすぐに問い合わせをしてくれる顧客はほんの一部です。特に日本人の場合は、外国人と比べて最初のコミュニケーションの敷居が高いため、心理的抵抗を下げるような資料ダウンロード、ウェビナー参加、メールマガジン登録等のアクションを設計する必要があるでしょう。その際、社内の営業部とマーケティング部が連携し、フォロー体制を構築します。
自然検索と有料検索との違いを考える必要がある
リスティング広告はとても柔軟なマーケティング手段ですが、それによって企業のWebサイトの価値が上がる訳ではありません。一方、自然検索は何度クリックされても課金されることはなく、一度上位表示がされれば基本的には順位も安定します。また上位表示されることによる顧客の安心感にもつながるでしょう。SEO対策とりスティング広告のメリット・デメリットを理解したうえで対策を講じましょう。